2017年5月19日金曜日

基礎配筋検査


基礎配筋検査


市街化調整区域で建て替え新築設計・デザイン、現場監理をさせていただいている住宅の基礎配筋検査を行いました。
現場の基礎配筋が図面指示通りに施工がされているか?各鉄筋の長さや太さ、鉄筋と鉄筋の重なり合う長さは建築基準法に適合しているか?断熱材や防湿シートの施工が適切に行われているか?などなどを細かく検査。

防湿シートと断熱材の施工に気になる箇所があったので、職人さんにその場で手直しをしてもらいました。
午後からはいよいよ基礎コンクリート打設です。

今月末の上棟に向けて現場が順調に進むよう、良い天気が続きますように^ ^








鉄筋と鉄筋の重なりが建築基準法に適合する長さで組まれているか?鉄筋相互の間隔が図面指示通り組まれている?などをスケール(巻尺)を使って細かく検査をしていきます。








防湿シートの検査


上の写真を見ていただきますと、地面から地表に上がってくる湿気を防湿シートが止めている事がわかります。
この防湿シートですが、職人さんが鉄筋を組んでいる時に破ってしまう事がありますので、そのような箇所の補修がきちんとされているか?などの検査も行い、不具合箇所はその場で手直しをしてもらいました。




住宅瑕疵担保保険の配筋検査


住宅瑕疵担保保険の検査員による基礎配筋検査も行っていただきましたがもちろん合格です。














今津デザイン一級建築士事務所

無料相談は随時受付中です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

かわいい住まい、木の温もりのある空間、店舗付き住宅、ホームエレベータ付き住宅、バリアフリー住宅、ガレージハウス、ローコスト住宅、市街化調整区域での建て替え
商業施設の繁盛し成功する為の設計・デザイン、開院・開業・開設支援
名古屋市・愛知・岐阜・三重から全国まで対応

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *